家でネズミを発見したらネズミ駆除を考えますが、自分でできる方法があります。

ネズミはそのままにしておくと衛生的にも良くなく感染症や家の破損、電気コードなどを噛み切ることによって起こる火災などの被害が発生する恐れがあります。


そのために早期にネズミ駆除をする必要があります。
ネズミは屋根のひさしやひび割れた壁、換気扇や通気口などから侵入します。
ネズミが現れたサインとして一部だけ壁が汚れていたり、部屋の隅に小さな糞が残っている場合があります。

確実にネズミ駆除したい場合には、即効性のある殺鼠剤の使用があります。



ネズミが直接食べることでその仲間も駆除することができ、約1週間ほどで効果があらわれます。


確実に駆除してその駆除したネズミも自分で回収したい場合には、捕獲器嫌や粘着剤で捕まえる方法があります。

殺鼠剤と併用することで捕まえやすくなります。


ネズミは警戒心が強いので、設置場所には注意しておくことが大切です。



また見慣れないものが置いてあるとそこを避けて通るので、設置後はしばらくはそのまま置いておきネズミが慣れるまで待ちます。

ネズミは秋から冬に食欲が増強し、駆除が大変しやすい時期になります。

餌が豊富で簡単に食糧の確保ができる場所に住み着きます。

そのため日頃から食品は出したままにせず、生ゴミなども外部から触ることのできないように環境を整えておきます。

またティッシュペーパーや新聞紙などといったものは、ネズミが巣を作るのにとても良い材料になります。

これを踏まえて日頃から家の周りや家の中は綺麗にしておくようにします。